Return to site

「殻を破る」という事

改めての [give and take]

ワークショップに参加して改めて感じた事

5月16・17日の2日間 「働く大人のためのヤングアメリカン」へ参加してきました。

100名の受講者のうち70名が企業研修として参加された方々でした

しかも殆どの方が「ヤングアメリカン」について聴くのも、

見るのも初めてという方がとっても多かったです。

私自身が参加するのは、今回が初めてですが娘がいつもこの時期に参加していて

ワークショップ中も見学がとっても勉強になるので、

娘のワークショップを見学するというよりも、言葉かけやどのように働きかけていくのかしら?

と思いながら、食い入るように見ていましたが・・・遂に今年は体験する事が出来ました。

「殻を破る」という事の難しさ・・・

自分が殻を破れているか、破れてないかも、そもそもわからへんねんけど

「ライオン・キング」の冒頭部分・・・

こんなんが出来るんやから(しかも4回も)

まぁ~破れているのでしょう。

ワークショップはどんな事するかというと・・・

自己紹介、好きな歌をうたう・作曲のワークショップ・演技のワークショップ

そしてショー全体のワークショップ

YA(ヤングアメリカン)の人たちの動きが素晴らしかった・・・

もちろん打ち合わせとかしてはんねんやろけど

でも、とっさの判断で動いていはんなぁ~と感じる場面が多々ありました。

ワークショップを体験する事で得られる事も

ありますが、YAの方達の動きや姿勢を見て勉強になった事が一杯ありました。

初日のワークショップで来なくなった人もいてた・・・残念! もう少し待って欲しかった・・・

「give and take」 

私たちの動きを見てください。

 

皆さんが先に与えてくださいました。

 

こういう言い方を沢山聴きました。

私も人に教えるという立場になってます(どっちかというと勉強させてもらっているけど)

だから、先に立って行動するという姿にとても感心しました。

確かな技術とプロであるという前提で、だからこそ、出来るのだ。

という事も今回、身体で感じる事が出来たと思います。

まぁ~しつこいですけど・・・10年前も下の姿やし・・・

まぁ~殻は十分破れてるとは思います・・・

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly