Return to site

藤 拓弘先生の出版記念講座へ

「夢をかなえたピアノにスト ゼロからの180日」

9月20日(木)はカワイ梅田ジュエさまにて 

KPA主催「藤拓弘先生の出版記念講座」へ行ってきました。

 

実は家に本が2冊ある・・・ 講座前に読む用と会場で買う用

だって講座前に読んどかなアカンしな

でも会場で買わないと会場の売り上げがな・・・と

身体に染み付いた裏方気質・・・まぁ~本は何冊あっても大丈夫

これから!!の若い先生に手に取って読んで頂きましょう! 

今回は全国でゲストの方をお呼びされ、出版記念のお話と共に

ゲストの方とのトークも楽しむ事が出来て、なおかつ

主催されているのが、楽器店ではなく大きな教室やピアノ講師の団体など

昨今の状況を反映していて面白いなぁと思いました。

数年前からですけど、情報の最先端が先生側にあって楽器店さんなどは

後から追いかけてるっていう構図が見事に表れているなぁ~と感じました。

大阪は  足立由起子先生 今野万美先生 折田信枝先生 梶原香織先生の先生方

それぞれにご活躍で人気のピアノ教室を運営されていらっしゃいます。

ふふふポイント 客席から見てたら面白い・・・ 皆さまそれぞれのオーラがスゴイのがふふふ

お話は大阪ならではのぶっちゃけ話大好きやし、やっぱり腹割って話さんとね

本音いっぱいで面白かった~藤先生は今回で好感度がかなりアップしましたよ。

本を読んで・・・

共感できるところが沢山ありました。  

生徒さんに沢山囲まれたい!って思うのは当然やし

運営や経営もがんばらな・・・って考えるかもしれんけど

結局レッスンの内容が生徒さんにとってどうなのか?が一番の大事な所かな?

と思っています。

誰と向き合うかは・・・一目瞭然

来てくれはった生徒さんひとり一人にしっかり丁寧に向き合うと

自ずと生徒さんも来てくれはるのと違うかな。

小説に出てくる、先輩ピアノの先生方は正にそんな姿を

示してはったね。

素直にあぁ~そうやなぁが実感できる本やなぁ~と思いました。

最後に

ははは~ぽこあぽこピアノ教室なんて~コンクール的なものは一切関係ないし

合唱伴奏とかもまぁまぁ~普通やし、特徴いっさいありませんが・・・

来てくれてはる生徒さんひとり一人が楽しく興味を持って

ピアノに音楽に接してくれはったら良いと思ってる。

街の魚屋さんみたいなピアノ教室・・・

因みにワークに書いた実現できたことは

「発表会を3日間して その間に餅つきやって会場前に市が建って欲しい」でした

みんなが楽しい~  皆さんのおかげです~  楽しい気持ち~

終わってからは・・・又何事もなく普通に戻る・・・でした  チャンチャン!

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly